メリット

家の積み木と図面

一戸建て住宅は、分譲住宅と注文住宅に大別することができます。
分譲住宅は建設会社などが既に建築を行った出来合いの住宅です。
注文住宅は建設会社が注文を受けてから建築を行うオーダーメイドの住宅です。
注文住宅の大きな特徴は、自由設計を行うことが可能な点です。
住宅の内装や外観、エクステリアの全てに対して自由設計をすることができます。
自由設計が可能であるため、希望通りの住宅を建築することができます。
建築資材も自由に選ぶことができ、天然木を使った木造の自然派住宅を建築することも可能です。
高齢者と同居している世帯は、バリアフリー住宅にすることも可能です。
バリアフリー住宅を建築する際には、介護保険制度を利用することができます。

住宅には分譲住宅と注文住宅がありますが、今後は自由設計が可能な注文住宅の建築が増えることが予測されます。
最近は自由設計が可能な住宅の建設を行う建設会社が増えており、今後も多くの建設会社が自由設計の住宅の建築を行うと予測されます。
注文住宅が増えている背景には、個性やライフスタイルの多様化などの要因があります。
最近は価値観が多様化しており、ライフスタイルに合った住宅に住みたいと思っている人が増えています。
この傾向は今後も続くことが予測されます。
最近は税制の改正によって、マイホームを建築する時には、親からの資金援助が受けやすくなっています。
そのため無理な住宅ローンを組まなくても、手軽に自由設計の住宅を建築できるようになっています。
今後も税制の改正により、自由設計の住宅建設が増えると予測されます。