依頼から建設の流れ

工事の鉄筋

注文住宅は住む人によって全く異なる理想をかなえることができる住宅の建築方法です。
ですからマイホームを建築すると決めた場合まず検討する方法という人も多いのです。
とはいえ注文住宅を建築する場合、建売と比較するとより労力が必要です。
一般的には費用も高額になる傾向にあります。
ですからしっかりと余裕を持って計画を行うことがとても重要です。
注文住宅の場合土地を探すことからスタートします。
もちろんすでに土地が決まっている場合にはこの作業は省略できます。
土地を決定することで初めて上に建てる住宅の間取りや配置を決定することができます。
ここはあくまでスタート地点であり新居に住むまでにはここから数カ月、場合によっては数年の期間が必要です。

注文住宅を建てる場合は特にあらかじめ資金計画を細かく計画しておくことが重要です。
住宅を契約してからあるいは土地を契約してから新居で生活するまでには想定外の費用がかかる場合も少なくないからです。
多くの建築会社の資金計画では住宅建築に関する費用のみを考慮し計画されている物も少なくありません。
そういった計画の中に家電を新調する費用は含まれているでしょうか。
引っ越し費用は含まれているのでしょうか。
多くの場合答えはノーです。
この他にも住宅建築の際には住民票を手に入れたり、場合によっては工事中に現場で作業している職人の方へ差し入れをすることもあります。
こういった費用は一回の支出で見れば数百円や数千円です。
しかしちょっとした支出をする機会も多いのでこういった小さい支出もトータルすると高額になってしまいます。
そのためにも細部まで資金計画に記載してもらうこと、費用や時間に余裕を持って工事を行うことが大切です。